確定拠出年金の利回りがよくない件

会社で加入している三井住友信託DCの確定拠出年金(401k)。
初回拠出月来の運用利回りが▲10.1%と非常に残念な数値になっていたので問い合わせてみたところ、運用期間が1年未満の場合、利回りが大きく表示されるということが原因とのこと。
例えば、運用期間2ヶ月で、運用実績が▲2%の場合、年率換算すると▲2%÷2月×12月=▲12%と表示される。こういった疑問も、自分の知識不足と反省。その都度、しっかり学習していこう。

・概要
加入年月日:2013年4月01日
初回拠出日:2013年5月17日

・保有商品、及び資産配分
DCマイセレクション25:100%
元本確保型:5.1%
国内債券:59.6%
外国債券:10.1%
国内株式:20.1%
外国株式:5.1%

・商品購入日と基準価額等
2013/05/17:13,634円
2013/05/27:13,403円
2013/06/25:13,127円
2013/07/25:13,305円
2013/08/26:13,269円

JKK(東京都住宅供給公社)について

物件の種別やそれぞれの申し込み条件をよく理解していなかったが、少しだけクリアになった。
先着順の物件は窓口に出向いたからといって優遇される訳ではなく、インターネットに出る情報が最速。
担当者によると、午前中12:00頃に一回、夕方17:00頃に一回チェックするのがよさそうとのこと。
物件の空き情報が入ったタイミングで随時更新するため、こちらが時間を決めて巡回する以外にない。

人気物件は、ネットに情報が出た時点で申し込みを入れないと、すぐに他の希望者に申し込まれる。先ず申し込みを入れて内見し、どうしても気に入らなければ後でキャンセルをするのが定石。

– 都営住宅
所得制限が厳しく、年4回の抽選。物件数はかなり限られる。

– 都民住宅:中堅所得者を対象とした物件。
— 公社一般賃貸住宅:公社が建設・管理する賃貸住宅。
— 公社施行型:JKK東京が建設・施行し、JKK東京が募集・管理する物件。
— 借上都民住宅:民間の土地所有者が建設・所有し、期間を限定して公社が管理。
— 東京都施行型都民住宅:東京都が建設・所有し、JKK東京が募集・管理する物件。