引っ越しをして購入したあれこれ

・まずは押し入れの収納力アップのために、こちらを購入。

・続いてシューズラック

・ランドリーラック

・折りたたみイス

・イスにもなるスツール

・洗面所下収納用のバスケット

・キッチン収納用メタルラック

・前から買わなきゃと思ってたDVDプレーヤー

・nissenのビンテージ調TVラック
140819_tv

Advertisements

鼻デカおじさんの話

まだ小学生の頃、近所に”鼻デカおじさん”と呼ばれるおじさんがいました。

見かける度に「あれ?鼻、デカっ!」とか失礼極まりない言葉を投げかけていたわけですが、ある日、僕の友人のチャリのタイヤにビニール袋か何かが絡まってチャリが動かなくなってしまったところ、たまたま近くを通りかかった”鼻デカおじさん”が何も言わずに、無言のままビニール袋を取り除くのを手伝ってくれたんですね。助けてくれたんです。

僕らは心から「デカいのは鼻だけじゃなく、心もデカかったんやな」と感動したのを覚えています。
その日以来、おじさんとは「今日も鼻がデカいですね」「せやろ?」と微笑み合う仲になりました。

今になって改めてあの鼻デカの偉大さを思い出し、僕もおじさんのような、たとえ心ない言葉をぶつけられても、決して怒らず全てを許し、いざという時には助けてあげられる、そんな心が広く強い大人になりたいと感じています。

ファミリー用の冷蔵庫に買い替える

家族が増えたのに、一人暮らし時代から使っていた冷蔵庫そのままではあまりにも小さ過ぎるということで、冷蔵庫を買い替えることになりました。

ずっと使っていたのはこの冷蔵庫。

GR-S15B

青い色の見た目が非常に気に入って、オークションで購入しました。なんと容量145L!今までこのサイズでがんばってくれてたと思うと…、改めて申し訳ない気持ちになりました。

さて冷蔵庫の比較。事前に情報を入れずいきなり店舗に見に行ったのですが、主要なブランドはHITACHI、TOSHIBA、Panasonic、AQUAといった辺り。

どんな視点で比較すればいいか全く分からなかったので、それぞれの特徴を店員さんに聞きました。
・HITACHI -> 真空チルド。その他は他ブランドの良さを吸収したオールマイティな印象。
・TOSHIBA -> 野菜室が中心にあって、野菜を頻繁に出し入れする人に向いている。
・Panasonic -> コンプレッサーが冷蔵室の最上部にあるのが特徴でその分、野菜室が広い。
・AQUA -> デザインは冷蔵庫らしくなくていい感じだが、節電の面で他ブランドに劣る。

探していたのは、容量は現在3人家族のため400L前後で、節電効果が高い冷蔵庫。その他、機能面では特に強いこだわりはなく、家のスペースに収まるサイズである程度見た目もよければそれでいいやと思っていました。

あれこれ実際に見て考えた結果、最終的に比較したのは下記の2モデル。

日立 415L 5ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)HITACHI 真空チルドFS R-S4200D-XT

東芝 426L 5ドア冷蔵庫(クリアシェルホワイト)TOSHIBA VEGETA ベジータ GR-G43GXV-ZW

TOSHIBAは前述の通り野菜室が中心にあるのが特徴で、現時点の生活を考えると確かに便利なのですが、子どもが小学校、中学校にあがり弁当を作るようになって冷凍食品の利用が盛んになるとそうではなくなるかもと考え、最終的にはベーシックなHITACHIを購入することにしました。

無事に自宅への搬入も終わり、ダイニングキッチンの景観にも馴染んでいるので満足しています。
少しずつ、少しずつ、生活を充実させていきたいものです。

掃除の基本

最近、掃除は生活の基礎になる部分と考え、掃除をマメにするようにしている。
色々と新しい知識を入れながら掃除をすると、意外と楽しいものだと思う。

市販の洗剤は極力使わず、重曹とクエン酸を使って掃除をする。

重曹 クエン酸 掃除機
酸性の汚れ
・油汚れ
アルカリ性の汚れ
・水あか
・石けんカス
・尿
中性の汚れ
・ほこり