Android端末とMacBook AirでUSBテザリングする方法

Xperia AX SO-01E(docomo)に、b-mobileのスマホ電話SIM フリーData(ナノSIM)を挿して、どうにかこうにかUSBテザリングできましたので、やり方のメモです。

xperia_ax

1. ナノSIMをマイクロSIMに変換
まずはSIMがナノSIMだったので、JAPEMO SIM変換アダプターを購入し、マイクロSIMに変換して端末に装着しました。

b-mobileはdocomoと同じSIMなので、これだけであっさり認識してくれました。

2. モバイルネットワークのAPNを設定する
Xperia AX SO-01Eでb-mobile SIMを使うための手順を参考にAPNの設定を行います。

『設定』→『モバイルネットワーク』→『アクセスポイント名』→『新しいAPN』で以下の設定値を入力します。

名前 : b-mobile(任意)
APN : bmobile.ne.jp
ユーザー名 : bmobile@spd
パスワード : bmobile
認証タイプ : PAPまたはCHAP

※設定内容はb-mobileのAPN設定一覧を参照

設定を保存し利用するAPNを変更後、ブラウザ等を開き正しく接続されているか確認しておきます。

ここまででデータ通信は可能になります。
続いてUSBテザリングをするための設定をしていきます。

3. Android端末(Xperia)とMac(MacBook Aire)にPdaNet(4.15.4)を、Android端末にFoxFi(2.15.2)をインストール

PdaNet
FoxFi

Android端末のPdaNetを起動し『Activate USB Teather』にチェックを入れます。
但しこのままでは、MacをUSBデバッグモードで繋いでもAndroid端末を認識してくれません。

4. MacにAndroid File Transferをインストール
AndroidとMacでファイルのやり取りをする時によく使われる、Android File Transferをインストールし起動すると無事にAndroid端末を認識してくれました。

【Androidスマホのコツ】MacとAndroid間でファイルを転送できるソフト「Android File Transfer」を使ってみよう

これでMacのPdaNetもConnectできました。

5. 繋がった!
もうネットにも繋がっているはずです。
結構面倒でしたね。

iPhoneのSIMフリー機は4Sがいいのではという話

iphone_4s
http://9to5mac.com/2012/09/06/8gb-iphone-4s-to-join-iphone-lineup-next-week-as-apple-drops-iphone-3gs/

国内でのSIMフリーiPhone 5S/5Cの販売が始まり、いよいよSIMフリー機が一般的になってきましたが、SIMフリーとは言ってもテザリングができるかどうかはまた別の話ということで、b-mobileの動作確認端末一覧を確認すると、iPhone 5S/5Cは『テザリングはご利用いただけません』の文字が。

もちろん音声通話やデータ通信で利用する分には十分だと思いますが、当方、自宅のWi-Fi環境も解約してしまったため、メイン携帯端末のテザリング機能は必須。ということで、SIMフリー+テザリング可能なiPhone 4Sが現時点ではベストな端末ではないかと思います。

iPhone 4S型落ちの端末とはいえ、中古ショップでまだ30,000円前後している模様。どうやらオークションで購入する方が若干安く購入できるようなので、オークションを物色してみることにしました。

スマートフォン・タブレットを買い取ってもらう

iphone_3gs

昔使っていたスマートフォンとタブレット、眠らせておくのももったいないので売ろうと思っています。

高く買い取ってもらえるならどこでもよいのですが、端末が非常に古いので買い取ってくれる店舗も限られてしまいます。いくつか見積もった金額を記載しておきます。
ソフマップ ドットコム

  • iPhone 3GS 16GB Black SoftBank : 買い取り不可
  • iPad(初代) 32GB Black Wi-Fi : ¥4,500

Geo Online × Smarket

  • iPhone 3GS 16GB Black SoftBank : ¥2,400〜¥4,000
  • iPad(初代) 32GB Black Wi-Fi : 買い取り不可
  • iPhone 4S 16GB Black SoftBank MD235J/A : ¥6,000〜¥10,000

じゃんぱら

相場価格はいかようにも表記できるので、実物を見て査定をしてもらっていない以上、どこで買い取ってもらうのがお得かは判断し兼ねます。

あくまでも上限価格なので、この3〜6割程度と思っていた方がいいのでしょうね。 まとめて持ち込めるじゃんぱらに持って行ってみようかと思います。

当日、持ち込むとiPadで20分、HTC Desireで20分と、結構査定時間が必要とのことで、翌日改めて結果とお金を受け取りに行くことにし、下記の金額を受け取りました。

  • iPhone 3GS 16GB Black SoftBank : 充電池の膨張で液晶が浮いてしまっているため買い取り不可
  • iPad(初代) Wi-Fi 32GM MB293J/A : ¥5,850
  • iPad 2 Wi-Fi 32GB MC770J/A Black : ¥13,500
  • HTC Desire HD A9191 : ¥1,920

買い取り不可だったり、傷のため減額はあったものの、ほったらかしにしてるよりは幾分かよいだろうという結果でした。

今後、買い替える際、それまで使っていた端末はすぐに売るようにしよう。

Automatorを使ってファイルを一括でリネームする

20140303_161225

編集や削除した場合は、作成したworkflowが保存されている、homeフォルダ/ライブラリ/Servicesに行って操作をすればOKです。

[Command]+[Shift]+[4]でスクリーンショットモードにして[Space]を押すと、現在のウィンドウのみを撮影することができます。

MacBook 2.1 (13-inch Late 2006)

macbook_late2006

僕が東京に出てきた2007年4月から、非常に長い間お世話になっているMacBook、まだまだ現役で使えております。バージョン等のメモです。

  • MacBook 2.1 (13-inch Late 2006)
  • システムバージョン : Mac OS X Ver 10.4.11
  • ビルド : 8S2167
  • カーネルバージョン : Darwin 8.11.1
  • プロセッサ : 2 GHz Intel Core 2 Duo
  • メモリ : 1 GB 667 MHz DDR2 SDRAM

保証状況とサービス期間を確認するにハードのシリアル番号を入力すると、状況を確認することができます。

本当に必要なアプリしか入れておらず、高速化のためのOnyxと、最前面で起動しているアプリへのCPU割当を多めにしてくれるSpead Freakだけを追加でインストールして使っております。

バッテリーもパンパンに膨張して全く充電ができなくなったため、ロワジャパンのAPPLE MacBook 13インチ用 の A1185 互換 バッテリーを購入して使っております。

このまま、完全に使えなくなるまでずっと使い続けるんだろうと思っています。

保険の加入を検討する

生命保険

家族を持った以上、生命保険ぐらい加入しなきゃと思い、どれに入ろうか探しました。

・終身保険
貯蓄性があり、返戻金があるとは言っても、当面の生活費すら苦しい現状で、保険のために万単位でお金をかけることはできなたいため断念。

・定期保険
10年毎に更新だとしても、今すぐ死ぬのと同じだけの保障を50代になっても求める訳ではないので何か違う。

・収入保障保険
ライフステージに合った保障内容であること、一括で受け取るよりも毎月の収入として入った方が妻への負担も少ないであろうこと、生命保険はこれ一択だと思いました。

金額や保障内容を考えて、オリックス生命の収入保障保険Keepに加入することに決めました。

  • 契約年齢 : 31歳
  • 保険料払込期間 : 60歳満了
  • 年金月額 : 10万円
  • 支払保障期間 : 1年
  • 保険料 : 2,850円

この金額なら所定範囲だと思います。
最低限の保障内容にしているのは、前提として絶対に死ねない、死んだら何もかも意味がないと思っているからです。

医療保険

続いて医療保険も検討しました。

医療保険を検討する際、健康保険の『高額療養費制度』をふまえて一日に必要な入院保障学を算出する必要があります。

『高額療養費制度』とは、一ヶ月あたりの医療費の自己負担限度額(70歳未満の場合)を定めた制度で、入院や手術などをすると高額な医療費がかかりますが、(一般的な方で)医療費が月額80,100円を超えた場合には補助を受けることができるという制度です。

また以前、P社に提案してもらった医療保険の内容は下記の通りでした。
この保障内容と保険料を目安に適切な医療保険を探してみます。

■基本の保障内容
・入院一時金 : 10万円
・継続入院給付 : 5千円/日(入院日数-20日)
・三大疾病継続入院給付金 : 5千円/日(入院日数-60日)
・死亡給付金 : 10万円
・保険料 : 3,110円

■無解約返戻金型手術給付特約(医療保険用)
・入院中手術給付金 : 10万円/手術1回につき
・保険料 : 1,402円

■無解約返戻金型がん入院特約
・がん入院給付金 : 1万円/日
・保険料 : 1,490円

■疾病障害による保険料払込免除特約
・保険料 : 60円

合計 : 6,062円

ここまでの手厚い保障が必要なのか、現時点では不要に感じました。病院も早く退院させようとしてくるという話ですし。毎月支払わなくてはいけなくなる保険料を『健康に生きていくために使う』方がよいのでは?と考え、今回は医療保険への加入は見送ることにしました。

保険は高い買い物なので、毎年見直しをしていく必要があります。今の時点では、日々生活をしていてもし自分が死んだら家族はどうなるんだろう?と不安になることが多々あるので、本当に必要最低限の保険に加入しておくことにします。

安くて髪の毛に優しいシャンプーを探す

@cosmeでの評価を見て購入したシャンプーのエスコス シトラスミンティがなくなりそうなので、改めて価格比較と情報収集を行い、よりよいシャンプーがないか探してみようと思います。

比較の際に参考にさせていただいたのは、シャンプーのことならこのサイト!という印象の下記2つのサイトです。
シャンプー解析ドットコム
シャンプーのおすすめをまとめてみた

まずは今使っているシトラスミンティはこちら。

エスコス シトラスミンティ 300ml
価格: 4,410円
容量: 700ml
1ml辺り: 6.3円

参考値としてドラッグストアで購入できる市販のシャンプーと比べてみます。

h&s ヘッドスパ モイスチャー シャンプー つめかえ 340ml
価格: 382円
容量: 340ml
1ml辺り: 1.2円

やはり市販のシャンプーは安い。でもその分、品質も悪い…。これから加齢していくにあたって、シャンプーの成分は非常に気になるため、ある程度の品質を保ちながら価格も良心的なシャンプーはないものかということで、至った結論はこのシャンプー。

デミ ミレアムシャンプー 1800ml レフィル
価格: 2,835円
容量: 1,800ml
1ml辺り: 1.6円

定価で計算すると市販のシャンプーより若干高くなってしまうが、Amazonで1,600円になっているため1ml辺り0.9円と最も安い価格で購入可能。

一度、このシャンプーを使ってみようと思います。

使ってみた結果:
洗浄力はかなり低いのですが、シャンプー前にしっかり水洗いをすることで、泡立ちもそこそこ。香りも好みです。しばらくはこのシャンプーを使い続けます。

毎月の携帯通信費を見直す

毎月の携帯通信費を抑えるため、携帯3キャリアを解約しMVNOのSIMで運用してみることにしました。

ちなみに、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、仮想移動体通信事業者。携帯電話などの無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供している事業者のことです。

【1】スマホ向けIP電話サービスに登録
SIMを契約する際、最も安いプランは当然ながらデータ通信のみのプランなので、音声通話をIP電話で代替できないかと考えました。

まずFUSION IP-Phone SMARTで050-xxxx-xxxx番号を登録します。
・料金 : 初期費用、月額費用は全て無料。通話料は一律8.4円/30秒
・支払 : クレジットカード決済のみで、同じクレジットカードで複数番号を登録する場合は手数料として500円が必要

公式通話アプリSMARTalkを受発信に使いたい端末にインストールし、登録時の情報(アカウントとパスワード)を入力します。登録した番号が使えるようになるまで、一時間程猶予が必要とのこと。

同じくIP電話の050Plusというサービスもありますが、月額315円が必要になります。ほとんど使わない月がある自分にはFUSION IP-Phone SMARTが向いているだろうと考えました。

【2】SMSの受信環境を整える
LINEのように、登録時にSMSの認証を要求されるサービスに登録するために、SMSを受信できる番号(+1(xxx)xxx-xxxx)をHeyWireで取得しておきます。

既にLINEをインストールしている場合は一度アンインストールし再インストール。データを継承する場合はFacebook Connect、もしくはメールアドレスでログインします。

あとは簡単。LINEの電話番号登録時の認証コードを、HeyWireのSMSで受信します。ちなみに、この方法を使えば、Viberにも登録できます。

HeyWire登録後に、SoftBankの端末からSMSをテスト送信してみましたが受信できず。おそらく、日本国内では使用できないということなのかな?ここは謎でした。

【3】音声通話も可能なSIMを購入(結局)
データ通信専用SIMにするか散々悩んだ結果、やはりまだ090番号が必要そうという判断で、音声通信もついていてMNPも可能なb-mobileスマホ電話SIMを契約することにしました。

初回にかかった費用は以下の通り。
・初期手数料 : 3,150円
・基本使用料 : 1,641円

【4】携帯キャリアの契約
最も分かりやすそうなのに、ここがかなりの曲者でした。

まずはMNP転出手続き。フリーコールからMNP予約番号を取得します。契約解除月でない場合、高額な解除料や端末支払いの残金を請求されてしまうのでご注意を。

ちなみに、基本料が満額の請求ではないのは、毎月10日締めの請求になっているためです。

・基本プラン : 716円
・パケット定額料 : 3,220円
・通話料(SMS) : 6円
・スマホ基本パック : 230円

・MNP転出手数料 : 2,100円
・解約料 : 9,975円
・分割支払金 : 1,920円/月

ほんとに高いですよね。でも毎月の基本料金差額であっという間に元が取れそうなので、思い切って切り替えました。現在運用開始後、2ヶ月が経過していますが、今のところ全く不便なしです。

毎月固定でかかってくる支出に関しては、常に少しでも安くできないかと目を光らせておくことが重要と改めて実感しました。

確定拠出年金の利回りがよくない件

会社で加入している三井住友信託DCの確定拠出年金(401k)。
初回拠出月来の運用利回りが▲10.1%と非常に残念な数値になっていたので問い合わせてみたところ、運用期間が1年未満の場合、利回りが大きく表示されるということが原因とのこと。
例えば、運用期間2ヶ月で、運用実績が▲2%の場合、年率換算すると▲2%÷2月×12月=▲12%と表示される。こういった疑問も、自分の知識不足と反省。その都度、しっかり学習していこう。

・概要
加入年月日:2013年4月01日
初回拠出日:2013年5月17日

・保有商品、及び資産配分
DCマイセレクション25:100%
元本確保型:5.1%
国内債券:59.6%
外国債券:10.1%
国内株式:20.1%
外国株式:5.1%

・商品購入日と基準価額等
2013/05/17:13,634円
2013/05/27:13,403円
2013/06/25:13,127円
2013/07/25:13,305円
2013/08/26:13,269円